銃器サービス

ハワイ州の改正法令”銃器、弾薬および危険な武器”の第134章によれば、ハワイ州のすべての銃器は、修理可能であるかどうかにかかわらず、どのように取得されているかにかかわらず登録されなければならない。 次の例外が適用されます:

  • 1994年以前にハワイ州で取得されたライフル銃および散弾銃については、登録は必須ではありません。 しかし、1981年から1994年にかけての買収には、ライフルまたは散弾銃ごとに一つの許可が必要であった。
  • 緩い黒色火薬を発射するように設計された銃器および1899年以前に製造された銃器には登録は必要ありませんが、許可が必要です。

しかし、州外からハワイに輸入されたすべての銃器は登録する必要があります。 詳細については、銃器の登録を参照してください。

ビッグアイランドでは、住民はハワイ警察に銃器を登録する必要があります。 住民は、銃器を取得するための許可を申請したり、地区警察署で銃器を登録することができます。

以下は、銃器の取得、登録、所有権の移転に必要な手順と、登録可能な時間帯を示しています:

  • 取得許可
  • 資格のない
  • 銃器の登録
  • 譲渡、銃器の所持
  • 運ぶためのライセンス
  • 登録ステーションのディレクトリ

トップに戻る

取得許可

拳銃の取得を希望する場合、または初めてショットガンやライフルの取得を希望する場合は、21歳以上で米国市民でなければなりません。 あなたは銃器を取得するための許可を申請する必要があります。 あなたが米国で生まれていない場合は、米国市民権の証明を提供する必要があります。

HRS134-2は次のように述べている:”いかなる人も、銃器の所有権を取得してはならない、使用可能か使用不能か、修理可能かサービス不可能か、現代かアンティークか、先行法に基づいて登録されているか、以前の所有者によって登録されていないか、購入、贈り物、継承、遺贈、またはその他の方法で、州で調達されているか、郵便で輸入されているかどうかにかかわらず、その人の事業所の郡の警察署長から最初に調達されるまで、または…居住…銃器の所有権を取得する許可を取得してはならない。このセクションで規定されている銃器。”

銃器の許可を管理する州法の完全な文言については、ハワイ改正法令のセクション134-2を参照してください。

取得したい拳銃ごとに個別の許可を申請する必要がありますが、数年以内に取得したいライフルまたは散弾銃には一つの許可しか必要ありません。 拳銃の購入許可を得る前に、全国ライフル協会の認定を受けたインストラクターが実施するハンター教育クラスまたは銃の安全コースを正常に完了す ハンター教育クラスに登録するために呼び出す番号は887-6050です。 NRAクラスにサインアップするには、地元の銃器販売店に確認する必要があります。

拳銃許可証の申請者は、ハワイ州ハンター教育コースの証明または認定されたNRAインストラクターによって署名された宣誓供述書を提供しなければな コースを実施または指導した認定銃器インストラクターが署名した宣誓供述書(インストラクターの名前、住所、電話番号を提供し、申請者がコースの正常な完了を証明する)は、この段落の下で認定された正常な完了の証拠となるものとする。

手数料—2017年1月1日、ハワイ警察署のすべての銃器許可申請者(以前の銃器申請者、州外の銃器申請者、および個人の銃器を持つ法執行官を含む)は、one43.25の一回限りの手数料が評価されます。 銃器を取得するためのその後の許可のための手数料は請求されませんが、以前にJanuary1、2017の前に指紋料金を支払った人でさえ、January1、2017の後の最初の登録のための$43.25料金が評価されます。 お支払いは、マネーオーダーまたはレジの小切手のみで行われ、ハワイ刑事司法データセンターに支払われなければなりません。

相続や遺贈によって銃器を受け取った場合は、実際に銃器を所持する前に、まず取得許可を申請しなければなりません。 ただし、継承または遺贈された銃器は、許可を申請することなく、ハワイ州によってライセンスされたディーラーに直接譲渡することができます。 また、破壊のためにハワイ警察に銃器を放棄することができます。

許可を申請してから許可を受けるまでの間には、最低14暦日の待機期間があります。 この待機期間は、あなたが取得する許可の対象となることを確認するために、バックグラウンドチェックを実施する警察の時間を与えます。

トップに戻る

資格がない

以下の場合、銃器または弾薬を所有または所有する資格はありません:

  • 彼らは正義からの逃亡者です。
  • 彼らは起訴されているか、起訴を免除されているか、重罪、暴力犯罪、または薬物の違法販売のために巡回裁判所に拘束されている。
  • は重罪、暴力犯罪、または薬物の違法販売で有罪判決を受けています。
  • は、危険、有害、有害な薬物やアルコールへの中毒や乱用のための治療やカウンセリングを受けているか、または受けています。
  • は精神疾患または精神障害を理由に犯罪を無罪とされている。
  • は、重大な行動障害、感情障害、精神障害、または有機性脳症候群の治療のために診断されています。
  • は25歳未満であり、重罪、2つ以上の暴力犯罪、または薬物の違法販売を犯したと家庭裁判所によって裁定されています。
  • は、裁判所の命令により、他の人に接触、脅迫、または物理的に虐待することを拘束されています。

トップに戻る

銃器の登録

銃器の取得許可を受けたら、購入または取得から五日以内にすべての銃器をハワイ警察に登録しなければなりません。

あなたがハワイに移動し、任意の説明の銃器を持参した場合、銃器が州に入ってから五日以内に銃器を登録しなければなりません。 あなたが米国で生まれていない場合は、米国市民権の証明を提供する必要があります。 手数料—あなたはone43のワンタイム料金が課金されます。指紋チェックのための25(2019年1月1日以降)。 お支払いは、マネーオーダーまたはレジの小切手のみで行われ、ハワイ刑事司法データセンターに支払われなければなりません。

警察署に来る前に(自宅や銃のディーラーの設立で):

  1. あなたの銃器をアンロードします。 ロードされた銃器を輸送することは法律に違反しています。
  2. 銃器を”開いて”視覚的に安全に準備する(ボルトを取り外し、クリップを取り外して開位置にスライドさせ、シリンダーを取り外したり開位置にスライドさせたりするなど)。)
  3. 銃器を同封の容器に入れて輸送してください。 それは法律です。
  4. 所持している弾薬を持って建物に入ってはいけません。

銃器が”開いていない”場合、駅に入る前に検査するために視覚的に安全でない場合、登録することはできませんのでご注意ください。 あなたはあなたの銃器を残して、次の営業日または次の利用可能な予約の間に戻るように求められることがあります。

何らかの理由で装填された銃器または銃器と弾薬を警察署に持ち込むと、逮捕の対象となる可能性があります。 手順が不明な場合は、銃器を確保し、援助を求めてください。

一度銃器を登録すると、その登録は武器を売却するか処分するまで有効です。

トップに戻る

銃器の譲渡、所持

狩猟または標的射撃の目的を除き、18歳未満の人にライフルまたは散弾銃を貸与することはできません。

狩猟や標的射撃の目的を除き、警察署長の許可なしに他の人が所有する銃器を所有することはできません。

狩猟または標的射撃の目的で、警察署長の許可なしに、合法的に取得したライフルまたは散弾銃を州内で使用するために成人に最大15日間貸すこ 銃器が州外で使用される場合、最大75日間貸与される可能性があります。

銃器の所有権や所持が禁止されている人には、故意に銃器を貸すことはできません。

あなたは、アサルトピストルを州に持ち込み、ライセンスされたディーラー以外の人にアサルトピストルを販売または譲渡することはできません。 あなたが相続または遺贈を通じて暴行ピストルを取得した場合、あなたは90日以内に武器を永久に操作不能にし、ライセンスされたディーラーに販売ま

16歳以上または16歳未満の成人を同伴する者は、狩猟または標的射撃に従事している間、または狩猟または標的射撃の場所との間を移動している間、合法的に取得したライフルまたは散弾銃および適切な弾薬を携行して使用することができます。

拳銃の所有権を売却または譲渡する場合は、売却または譲渡の際に受取人の許可を取得する必要があります。 あなたは、インクで許可証に署名し、手配達または書留郵便で転送の48時間以内にハワイ警察に許可証を提出する必要があります。

ライフルまたは散弾銃の所有権を売却または譲渡する場合は、譲渡から四十八時間以内にハワイ警察にライフル/散弾銃の売却/譲渡フォーム(PDF Long gun sale transfer form) フォームに記入し、ベンダーまたは転送者によってインクで署名する必要があります。

(上記のPDF文書をご覧になるには、Adobe Reader®を無料ダウンロードしてください。)

トップに戻る

運ぶためのライセンス

大人の申請者が怪我を恐れる理由を示したり、人命と財産の保護に従事している例外的な場合、ハワイ郡警察署長は運ぶためのライセンスを付与することができます。 ライセンスを付与することができる人の詳細については、ハワイ改訂法令のセクション134-9を参照してください。

トップに戻る

ハワイ島の銃器登録ステーションのディレクトリ

以下は、ハワイ島の銃器登録ステーションのリストとその営業時間です。市外局番(808):
(他の島については、適切な警察署にお問い合わせください。)

警察署 営業時間 電話番号 警察署 営業時間 電話番号
ヒロ サウスヒロ 月曜日~金曜日午前9時~午後3時 (予約制) 961-2239
Laupāhoehoe ノースヒロ 月曜日~金曜日(予約制)午後1時30分~午後3時30分 962-2120
Honoka’A Hāmākua 月曜日-金曜日8:30a.m.-3:30p.m.(予約制) 775-7533
ワイメア サウスコハラ 月曜日~金曜日(予約制)午前8時~午後4時 887-3080
カパアウ ノース–コハラ 月曜日~金曜日(予約制)午前8時~午後4時 889-6540
カイルア-コナ コナ 月曜日~金曜日午前9:00~午後3:00(予約制) 326-4646
(エクスト…222)
Nā’Ālehu Ka’ū 月曜日–金曜日(予約制)
午前9時–午前11時30分。 午後12時30分–午後3時
939-2520

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。