セメント生産者は、'グリーン'セメント

セメント生産者は、”グリーン”セメントを生産するための持続可能性への取り組みにますます焦点を当てています。

このグリーンセメントの推進は、セメントメーカーを石油コークスや石炭、大量のCO2を生産する窯燃料から遠ざけている。

セメントメーカーは、数年前から窯の代替燃料の量を増やしており、特にコークスのような伝統的な燃料の価格が上昇したときにそうしています。

世界最大のセメントメーカーであるLafargeHolcimは、材料のリサイクルを100mn tに倍増させ、グリーン建築材料の使用量を増やし、2030年までに最初の純ゼロカーボンセメ

「代替燃料の使用を増やすためにヨーロッパに52のプロジェクトがあり、実際には安価な燃料だけでなく、CO2証明書の節約に基づいて非常に高い回収率を持っている」とLafargeHolcimの最高経営責任者Jan Jenischは語った。

欧州では、セメントメーカーは排出量取引スキームの一環として炭素クレジットを購入する必要があります。 Jenischはまた、より良いリターンを持っている彼らのプロジェクトにつながる高いCO2価格を奨励しています。

LafargeHolcimは、規制当局が野心的な炭素削減目標を掲げている欧州だけでなく、米国やインドでも、消費者からのグリーン製品に対する大きな需要を見ています。

「成熟市場であろうと新興市場であろうと、いずれの市場でもグリーン製品を提供したい」とJenisch氏は述べた。 「新興市場でさえ、人々は優れた持続可能性の足跡を持つことに大きな関心を持っています。”

メキシコに拠点を置く多国籍Cemexも、持続可能性とCO2排出量の削減に焦点を当てています。 同社は、セメントのCO2排出量を35pc削減し、2030年までに、co2コンクリートを2050年までに純ゼロにすることを目標としています。

Cemexの欧州地域は、今年末までに35pc目標に到達し、予定より10年早く、co2コンクリートはすでにその地域で提供されている、とfernando Angel Gonzalez Olivieri最高経営責任者は述 彼は、ヨーロッパが55によってCO2の2030pc削減に達すると予想しています。

「2050年の目標を完全に達成するためには、業界は簡単に拡張できる新しい技術を見つける必要があります」とOlivieri氏は述べています。

Cemexは現在、化石燃料の使用に代わる太陽光発電技術を開発するスイスのSynhelionとの提携、低コストの炭素回収技術を開発する英国のCarbon Cleanとの提携など、co2排出量の削減を目的とした全世界20のプロジェクトに参加している。

シンヘリオンのパイロット設置は2022年末までに予定されており、炭素捕獲パイロットは2021年の第一四半期に実施される予定です。

仲間の大規模な多国籍ハイデルベルグセメントは、CO2フットプリントを削減するために研究開発の努力を強化しています。 同社のItalcementi子会社は、3D印刷アプリケーションで使用するための”i.tech3D”と呼ばれる低CO2含有量のコンクリートペーストを開発しました。 この技術は現在、ドイツ初の3D印刷された家を建てるために使用されています。

ハイデルベルクはまた、炭素捕獲プロジェクトを追求しており、捕獲されたCO2を合成燃料に変えるために、他の欧州のセメント生産者とコンソーシアムを締結している。

これらの企業にとって、二酸化炭素排出量の削減は非常に重要になっており、特に目標日に近づくにつれて、排出量を削減するためにより高いエネル

天然ガスは通常、石炭やコークスよりも高価ですが、CO2排出量は低くなります。 Heidelbergの最高財務責任者Lorenz Nager氏は、”排出量を削減するために、石炭を天然ガスで代替することもできる”と述べた。

企業がより環境に優しいセメントの生産に関わる追加コストを相殺している一つの方法は、このセメントを自社ブランドで販売することです。 建設業界は純粋にコストに焦点を当てているかもしれませんが、個々の消費者は環境に優しい製品のために高い価格を支払うことを喜んでいます。

LafargeholcimとCemexは、削減または純ゼロの炭素コンクリートとセメントを区別するためにグリーンラベルを発売しました。 両方ともヨーロッパで利用可能であり、すぐに他の地域で利用可能になるか、または利用可能になります。

「これらの製品にとって、規制や新しい基準などを待っていないことが重要だと思います」とJenisch氏は述べています。 “私たちは本当に環境に優しい製品を望んでいる消費者にこれらの製品を販売しています。 そして、かなりの需要があります。”

サラ-タッカー著

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。